酒気帯びで県職員に停職6カ月

山口県は13日、酒気帯び運転で検挙された交通運輸対策室の課長級職員(57)を、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員は同日付で退職した。

県人事課によると、職員は夏期休暇を取得していた8月6日の午後5時40分ごろ、山口市富田原町の県道で自家用車を運転中、パトカーに呼び止められた。呼気検査の結果、酒気帯びが判明した。
当日は地域行事に参加した後、午前10時30分から自宅で焼酎の水割り2杯を飲み、約3時間半の仮眠を取った後、午後2時40分ごろに自宅を出たという。
酒気帯び運転に対する行政処分と刑事処分が確定し、同日の発表となった。

カテゴリー:事件・事故2009年11月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single