交通死亡事故多発警報を延長

交通安全山口県対策協議会は、県全域に出されていた交通死亡事故多発警報を9日から13日まで5日間延長した。期間延長は1999年11月の全県警報以来。

同警報は今月2日から8日までだったが、期間中に3件3人が死亡する事故が起きた。県警では死亡事故に歯止めをかけるため、警報期間延長にあわせて取り締まりや啓発活動を強化する。
今年に入り、県内の交通事故は6584件(8日現在)で前年同期を312件下回っている。ところが、死者数は90人と同15人上回り、重大事故多発の傾向が顕著になっている。

カテゴリー:事件・事故2009年11月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single