公園のブロック塀倒れ、中学生軽傷

根元から倒れたブロック塀(15日午前8時すぎ、西岐波柳ケ瀬で)

14日午後5時40分ごろ、宇部市西岐波柳ケ瀬にある西岐波ハイツ公園入り口のブロック塀が倒れ、中学2年の男子生徒(13)が、左足に軽傷を負った。

倒壊したブロック塀は高さ1・3㍍、幅1・5㍍で、入り口両側に設置されているうちの左側。宇部署によると、男子生徒が寄りかかったところ、根元から折れた。
公園を管理している市公園緑地課によると、公園は1989年の宅地開発に伴い、開発業者から市に寄贈、日常の管理は自治会が行っていた。同課では毎年1回、安全点検をしていて、6月に確認したときには異常はなかったという。
ブロックの中に入っていた鉄筋はさび、根元で折れているものもあった。
入り口右側のブロック塀も倒壊する危険性があるため、同課は事故後、公園の立ち入りを規制した。今後、専門業者を呼んで安全を確認する。

カテゴリー:事件・事故2013年8月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ