交通死亡事故で県職員を懲戒処分

県教育庁は16日、交通死亡事故を起こした主査級の職員(49)を、同日付で2カ月減給(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

職員は7月16日、防府市台道の交差点で自家用車を運転中、左側から進行してきた原付バイクと衝突して運転者を死亡させた。処分理由は「公務員としての職の信用を著しく失墜させた」としている。

カテゴリー:事件・事故2009年10月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single