准教授逮捕で学校が謝罪

20091014d.jpg 宇部高専の女子トイレに盗撮目的で侵入したとして、宇部署は13日、同校電気工学科准教授の高木英俊容疑者(31)を建造物侵入の疑いで逮捕した。

高木容疑者の逮捕を受け、同校は同日夜、会見を開いた。福政修校長は「高等教育機関としてあってはならない事態を引き起こし、大変お騒がせしたことを深くおわびします」と謝罪した。
今後の処分については「捜査の推移を見ながら検討したい」としている。
高木容疑者は、9月24日午前6時35分ごろ、盗撮の目的で同校体育館女子トイレに侵入した疑い。
清掃業者が個室の汚物入れに家庭用ビデオカメラが仕掛けられているのを見つけて学校に報告。同校が被害届を提出した。
カメラには4時間余りの映像が記録されていた。冒頭に、カメラを設置する人物が写っており、同署が学校関係者に確認した。
同署によると、容疑を認めているという。

カテゴリー:事件・事故2009年10月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single