昨秋死亡の県内患者、マダニを媒介とする「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」

dani.jpg 県は30日、昨年秋に死亡した県内の成人女性患者1人の死因が、マダニを媒介とする新規ウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と発表した。同疾患の症例が確認されたのは、国内初。

厚生労働省によると同疾患は、2009年に中国中央部の山岳地帯で集団発生が報告され、11年にSFTSウイルスが確認された。09年、米国でも類似ウイルスによる感染者が報告されている。SFTS保有のマダニにかまれたり、感染者の血液や体液に接触したりすると感染するとされるが、詳細は不明という。
症状は、発熱や下痢、けんたい感、白血球と血小板の顕著な低下、リンパ節のはれ、血尿、黒色便など。潜伏期間は6日~2週間。中国での致死率は、10~30%という。治療は対症療法が主で、現時点では有効な抗ウイルス薬はない。
県内患者は、発病に近い時期の海外渡航歴はなく、入院時、ダニにかまれた傷も確認されなかった。死因が不明だったため、医療機関が採取した血液を昨年、国立感染症研究所に送った。29日、同疾患が特定された。感染経路は不明という。患者の家族や医療関係者に感染は確認されていない。今後、国は同疾患への実態解明に努めるとしている。
マダニは、硬い外皮に覆われた3~4ミリの比較的大きなダニ。家庭内のダニと異なり、森林や草地の屋外に生息。全国に分布しており、県内が特に多いことはないという。春から秋に活発化する。
県は「国内初の症例だが、現時点での発生はない。人から人へは感染しにくいとされ、過度に不安になる必要はない」としている。
予防策は、ダニにかまれないことが重要で、野外では長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴など肌の露出を避けること、吸血中のダニに気付いたり、発熱した場合は受診を呼び掛けている。
ダニの予防策については県宇部健康福祉センター(電話31━3200)。

カテゴリー:事件・事故2013年1月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ