中村のひき逃げ、情報提供呼び掛け 夜間検問も

通り掛かりの運転手に事情を聞く警察官(中村2丁目で) 宇部市中村3丁目の住宅街の市道で無職男性(63)が複数の車両にひき逃げされた死亡事故で、宇部署は事故翌日の事故発生時間帯の19日夜、現場付近で検問を実施し、ドライバーに情報提供を求めた。

これまでの同署の調べで、亡くなった男性は知人宅を出て間もなく事故に遭ったとみられている。現場の路上には倒れてから少なくとも2回引きずられた跡があり、複数の車にひかれたとの目撃情報もある。
同署が任意で事情を聞いている男性会社員(20)は「ガタガタとして何かに乗り上げた」と話している。
検問では、警察官8人がドライバーに対し、事故の前後に不審な車両を目撃していないかなどを質問。「何か思い出したり、聞いたことがあれば警察署に連絡を」と呼び掛けた。
現場は建物の陰になって外灯の光が当たらず一段と暗い。人通りは少なく、時折国道490号から住宅街の方向に向かう車両が通っていた。

カテゴリー:事件・事故2012年4月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single