山陽小野田市で県内初の交通死亡事故

20日午前0時25分ごろ、山陽小野田市日の出3丁目の市道交差点で、道路を横断していた福岡県北九州市八幡西区の会社員、工藤俊勝さん(55)と山陽小野田市小野田の会社員、田中敦さん(43)が普通乗用車にはねられた。2人は病院に運ばれたが、工藤さんは頭蓋骨骨折などにより、搬送先の病院で3時間後に死亡。田中さんは頭に軽傷を負った。山陽小野田署は車を運転していた宇部市西宇部北3丁目のパート、吾郷浩美容疑者(51)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、事故現場は見通しの良い直線道路上の信号機のある交差点で、吾郷容疑者は下関方面から有帆方面へ向かって走行中に、道路の右側から交差点を横断していた2人をはねたという。事故当時、乗用車の進行方向の信号機は黄点滅、歩行者用信号は点灯していなかった。同署では、容疑を自動車運転過失致死に切り替え、詳しい事故原因を調べている。
この事故は2012年に入って県内初の死亡事故で、市内での発生は、昨年9月9日以来となった。

カテゴリー:事件・事故2012年1月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single