見初アパートで殺人、62歳男を逮捕

11日午後8時45分ごろ、宇部市松山町2丁目の見初アパートの1階踊り場で、男性2人が刃物で刺され、このアパートに住む桐山四郎さん(69)が12日午前6時22分、搬送先の病院で死亡した。宇部署は、現場で刃物を持って立っていた同アパートの住人で職業不詳の網屋哲男容疑者(62)を殺人未遂の現行犯で逮捕。容疑を殺人に切り替えて捜査を進めている。

同署によると、桐山さんは右上腕部を刺されて意識不明となり、病院に運ばれた。桐山さん宅を訪れていた同市西岐波の菊本治雄さん(84)も首など数カ所を刺され、アパートの隣にあるタクシー会社の営業所に掛け込み助けを求めた。
通報で駆け付けた署員が逮捕する時、刃物を手放すよう警告したが応じなかったため、警棒でナイフをたたき落としたところ、網屋容疑者の足に突き刺さったという。
桐山さんが1階、網屋容疑者が2階に居住。網屋容疑者は犯行当時、酒を飲んでいたという。原因や動機は捜査中。

カテゴリー:事件・事故2011年7月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ