宇部市の厚東川堤防で男性変死、背中などに複数の傷

木下さんが見付かった現場付近(1日午後10時半すぎ、西平原で) 1日午後0時25分ごろ、宇部市西平原4丁目付近の厚東川堤防で、近くに住む木下成実さん(78)が倒れているのを妻が見付け、その後死亡が確認された。

木下さんの背中などには複数の傷があり、付近の道路に血だまりと、発見現場まで約20㍍続く血痕があった。県警が事件性を含めて死因を調べている。
現場は国道190号の厚東大橋から海側に約100㍍進んだ場所。付近には民家や工場がある。

カテゴリー:事件・事故2011年4月1日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single