高速道路から乗用車転落、山陽道宇部下関線

高速道路から転落、大破した乗用車(1日午前10時20分、山陽小野田市有帆で) 一日午前九時半ごろ、山陽小野田市有帆で、乗用車が山陽自動車道宇部下関線から約十メートル下の宇部興産専用道路に転落した。運転していた女性と同乗していた男児は意識はあるが、けがの程度は不明。

 県警高速隊によると、下関方面から宇部方面に向かっていた乗用車が、高速道路から立体交差する宇部興産専用道路に転落。車は前部が大破した。
 通り掛かった宇部興産のパトロールカーが通報した。近所の人は「大型トレーラーが止まったままで何かあったかなと思っていた。車が落ちたような音には気付かなかった」と話した。

カテゴリー:事件・事故2010年11月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single