自転車盗倍増、厚狭駅に防犯カメラ設置

JR厚狭駅駐輪場に設置された防犯カメラ 山陽小野田市で自転車盗が多発している。山陽小野田署によると、6月末現在で56件発生。前年同期の倍となっている。発生が多いのはJR小野田駅、厚狭駅など駅の駐輪場や大型商業施設の駐輪場。56件のうち、33件は中・高生が被害者、36件が無施錠だった。

盗難多発を受けて、市防犯対策協議会がJR厚狭駅の駐輪場に、防犯カメラを設置した。事件発生時には、同協議会の承認で、撮影画像を容疑者特定などに使うことができる。
今後、JR小野田駅など、他の駐輪場にも防犯カメラ設置を検討している。
同署は駐輪時、自転車に施錠するなど、防犯意識の向上を呼びかけている。

カテゴリー:事件・事故2010年8月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single