1人死亡2人重軽傷、山陽小野田市で今年初めての死亡事故

8日午前1時45分ごろ、山陽小野田市大学通一丁目の県道で、市内の女性事務員(19)の運転する軽自動車が対向車線にはみ出し、対向してきた2台の軽自動車と次々に衝突、1人が死亡、2人が重軽傷を負った。

最初に衝突された車を運転していた、宇部市西岐波のアルバイト運転手、鷹田弘子さん(40)が死亡。同乗していた山陽小野田市郡の店員、小田原里江さん(20)も重傷。後続の車に乗っていた宇部市のアルバイト運転手、竹永恵子さん(39)も軽傷を負った。女性事務員にけがはなかった。
山陽小野田署は、女性事務員を自動車運転過失傷害により現行犯逮捕。容疑を同過失致死に切り替えて捜査している。
鷹田さんと竹永さんは宇部市内の代行運転サービスで働いており、鷹田さんが小田原さんの車を運転、竹永さんが後ろを走っていた。
今年、市内で初の交通死亡事故。市内の交通死亡事故ゼロは220日でストップした。

カテゴリー:事件・事故2010年8月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single