断水は旧山陽町9000世帯、厚陽小など8カ所に給水所

給水車に並ぶ住民たち(16日午前8時55分ごろ、山陽総合事務所で) 市水道局によると、厚狭川からあふれ出た濁流が十五日午前八時半ごろ、鴨庄の鴨庄浄水場になだれ込み、冠水。さらに、厚狭川を挟んで東側の地域に送る送・配水管を設置している厚狭新橋が崩壊し、午前九時半ごろ送・配水をストップした。電気系統も使えなくなり、浄水井(せん)にも濁流が流れ込んだ。

断水地域は、旧山陽町全域の約九千世帯で、市は厚陽小、マックスバリュ厚狭店、厚狭高南校舎、山陽総合事務所、埴生中、出合公民館、津布田小の七カ所に給水所を設置。午前六時から午後十一時まで給水をしている。十六日には市文化会館にも設け、午前九時から午後十一時まで行う。
復旧については、心臓部でもある電気系統の修繕と浄水井の洗浄が必要としている。
昨年八月に後潟と厚陽地区の鳥越地区間に敷設した相互融通管を活用し、厚陽地区の一部に送水している。

カテゴリー:事件・事故2010年7月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single