豪雨災害、厚東川沿い341世帯に避難勧告

陥没した道路(川上で) 九州北部地方に停滞した活発な梅雨前線により、県内は十五日も大雨になった。宇部市の十日の降り始めからの総雨量は四〇〇ミリを超えた。市水防本部は厚東川沿いの六地区の三百四十一世帯八百十四人(午前十一時現在)に避難勧告を出している。下関地方気象台によると今後も局地的に雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。

市がまとめた午前十一時現在の被害状況は、西平原のアパートと小野瀬戸の住宅二棟が床上浸水。万倉・上矢矯、下片倉、浜崎、浜郷、中原、泉町、恩田、宇部駅前、岐波の五十三棟が床下浸水した。市内十三カ所で土砂崩れが起きた。
避難勧告が出たのは▽厚南北三丁目▽藤山松崎町▽西宇部沖ノ旦▽厚東末信▽二俣瀬木田、田ノ小野、車地、薬師堂、辻堂、瓜生野▽厚東持世寺のそれぞれ一部世帯。
今後予想される一時間の最大雨量は三〇ミリ。十五日正午からの二十四時間雨量は多い所で一〇〇ミリ。きのうに続き、宇部市など県内十一市町に土砂災害警戒情報が出ているほか、同気象台は低い土地の浸水、河川の増水やはんらんの警戒、落雷や竜巻など激しい突風に注意を呼び掛けている。
交通への影響も出ている。高速道路は中国道小郡─小月間の上下線、山陽道宇部下関線の小野田─下関ジャンクション間が通行止め。
JR線で運転を終日見合わせたのは宇部、小野田、美祢線全線。山陽本線は柳井─下関間。
道路の通行止めも相次いでいる。宇部市東平原の市道平原浜田線では直径一メートルの陥没が起き、仮復旧に十五日いっぱいかかる見通し。
このほかの全面通行止めは次の通り。
▽県道=小野木田線(厚東川ダム周辺)美祢小郡線(西市小野─柳小野)▽市道=沖ノ旦末信持世寺線(末信橋付近、沖ノ旦橋上流)南小羽山北小羽山線(小羽山幼稚園裏)片倉引野線(北向地蔵北側)岩鼻浜田線(藤山松崎町)川崎上小野線(下小野橋南側)立熊国近線、南側請川線(JA山口宇部本店下の反対車線)下茶屋寺田線、木田線(木田橋)あすとぴあ西4号線(市道請川線交差点付近)

カテゴリー:事件・事故2010年7月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single