被害総額7200万円余、窃盗生活11年

山口、福岡、大分県警は18日、3県に及ぶ広域窃盗408件を繰り返した広島県呉市の無職、山田勝喜被告(40)の捜査を終結したと発表した。被害総額は7214万円余に及んでいる。

山田被告は昨年7月7日、下関市の住宅に侵入して現金6000円や乗用車を盗んだとして下関署に逮捕された。
その後の調べで、1998年に呉市の実家を家出してから、逮捕されるまでの11年間、定職に就かず、福岡県北九州市を拠点に窃盗を続けていた。

カテゴリー:事件・事故2010年2月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single