宇部市と山陽小野田市を走る国道2号、190号が大渋滞、前夜からの雪影響

yuki.jpg 暴風雪をもたらした低気圧が通過した11日朝、前夜から積もった雪の影響で県内の高速道路のほとんどが通行止めになり、宇部市と山陽小野田市を走る国道2号、190号は大渋滞した。車がスリップしたり縁石に乗り上げる事故が各所で相次いだ。路上で転倒して2市で2人が救急車で病院に運ばれた。

高速道路は、中国道は全線、山陽道は徳山西インター以西の上下線で通行止めになった。このため一般道に車が集中。一時、国道2号下りは下関市の関門トンネル付近から周南市付近まで渋滞した。
国道490号の宇部市瀬戸─美祢市十文字間が倒木で通行止めになっている。
中国電力山口支社によると、風雪で電線が切れ、11日午前11時現在、宇部市小野と奥万倉、山陽小野田市埴生の約80世帯が停電している。
10日、山口宇部空港では視界不良で東京羽田発の全日空693便が福岡空港に代替着陸したほか、3便が欠航し、524人に影響が出た。11日は始発から通常の運航をしている。

カテゴリー:事件・事故2010年3月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single