山陽小野田市で不審電話

山陽小野田市内の小・中学生の子供を持つ家庭に、保護者を語る女から同級生の電話番号を聞き出そうとする不審電話が、22日から相次いでかかっている。市教育委員会によると市内の4小・中学校から8件報告があった。市教委では、簡単に連絡先を教えないように注意を呼び掛けている。
電話は「マツモト」「ナカムラ」「イトウ」「ハシモト」と名乗る女が、保護者の不在を確認した上で「お母さんと約束しているから連絡網を教えて」などと言い、子供から電話番号を聞きだそうとするもの。
既に全小・中学校に対して不審電話に関する注意喚起をし、各校から保護者に連絡が回っているという。犯罪被害にはつながっていないが、市教委では「もしそのような不審電話があれば学校に連絡を」としている。

カテゴリー:事件・事故2014年7月31日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single