中国アセチレンで爆発、火災

5日午前9時ごろ、山陽小野田市小野田の中国アセチレン小野田工場から出火。工場内の鉄骨スレート建物などを焼いた。

山陽小野田署によると、工場内でアセチレンを精製後、不純物の除去や補充をしていた際に何らかの原因で爆発が起きたらしい。工場で作業していた男性(34)が爆風により顔面や指を負傷したが、命に別条はないという。

火災の発生から何度も爆発音が響き、付近は騒然となった。近くの会社に勤める男性は「爆発音がして外に出てみると、火柱が高く上がっていた。会社から慌てて逃げ出す人が見えた」と話していた。

同工場には従業員6~7人がおり、高圧ガスなどの販売と補充、ガス供給システムの施工などを行っている。近くを通るJR小野田線は運転を見合わせ、宇部新川―小野田駅間で代行輸送している。

 

カテゴリー:事件・事故2015年8月5日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ