サイト和解金名目で147万円だまし取られる

宇部市内の40歳代の男性会社員が、サイト利用の和解金名目で現金147万円をだまし取られたことが24日までに分かった。宇部署が詐欺事件として捜査している。
男性会社員の携帯電話には、17日に「総合情報サイト、特典付きメルマガなどの登録料、利用料が未払いになっている。電話連絡してください」という内容のメールが届いた。
電話をすると、男から延滞料と和解金で37万円を支払うように言われ、郵便局から簡易書留郵便で東京都内に現金を送った。
その後も「他にも未払いがある。相手は裁判をする気。強制和解にはお金が必要」などと言われ、19、20日に同じ方法で現金をだまし取られた。

カテゴリー:事件・事故2014年6月26日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ