藤井さん、8月にミュージカル「赤毛のアン」公演に出演

3度目の挑戦で合格した藤井さん(埴生の黒木隆江バレエスタジオで) 山陽小野田市埴生の黒木隆江バレエスタジオに所属している藤井美香さん(高千帆中三年)が八月十九日、広島市の県立文化芸術ホールで開かれるツアーミュージカル「赤毛のアン」中国・四国公演に出演する。藤井さんは「お客さんに楽しんでもらえる演技をしたい」と張り切っている。

同ミュージカルは、芳香剤などのメーカー、エステーが一九九八年から毎年開催している。主人公アン・シャリー役の島谷ひとみさんらが夢のあるステージを繰り広げ、人気を集めている。
今年は八都市で十一公演あるが、二〇〇一年からオーディションで八ブロックごとに地元の出演者を選出し、プロの役者と共に演技をしてもらっている。
藤井さんは約六十人が応募して三月に広島市で行われた中国・四国ブロックのオーディションに挑戦。身長一六四㌢の恵まれた体を十分に使い、習っているクラシックバレエのパフォーマンスと歌、書類審査にパスし、四月下旬に十三人の合格者の一人に入ったという通知が届いた。
高校三年生の姉に誘われてクラシックバレエを始めたのは三歳の時で、現在は週六日の練習と週一回の歌のレッスンをこなしている。音楽に合わせて体を動かすことや、うまく踊れて観客から大きな拍手を受けるのがバレエの魅力と言う。
七月二十一―二十三日に東京で、全国八ブロックの合格者が集まってレッスンを行い、振り付けなどを自分で勉強した後、本番に臨む。
藤井さんは「小学校三年と五年の時にもオーディションを受けたが不合格で、今回やっと希望がかなった」と大喜び。将来は宝塚歌劇団に入るのが目標で「ミュージカル出演は、夢をかなえる自信になる」と話した。
指導する黒木さんは「全力で演技し、自分の可能性を広げる良い経験にしてほしい」とエールを送った。

カテゴリー:その他の話題2010年5月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single