中央病院、ピンクリボン支援の自販機第1号設置

20091027a.jpg 乳がんの早期発見の大切さを伝えるピンクリボン活動を支援する清涼飲料の自動販売機が26日、宇部興産中央病院(福本陽平院長)に設置された。宇部市内では第1号で、県内では7台目。

ピンクリボン活動を全国的に支援しているキリンビバレッジの清涼飲料販売会社ビバックスが、同院の協力を得て設置した。
自販機は全体がピンク色で、シンボルマークのリボンが描かれ、商品下部のパネルには、ピンクリボンデザイン大賞のポスター部門最優秀賞作品を掲出しているのが特徴。
売り上げの一部は、キリンビバレッジを通じて日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄託する。

カテゴリー:その他の話題2009年10月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single