大雨に警戒呼び掛け

情報収集する職員(24日午前8時すぎ、市役所で)

秋雨前線の活発化で、24日は広い範囲で大雨になった。島根県は記録的な大雨になり、気象庁が「直ちに命を守る行動を」と呼び掛ける事態になった。宇部・山陽小野田地域には午前9時42分、大雨・洪水警報が発令された。両市では直ちに防災関係課職員を招集するなど、警戒を強めている。

宇部市防災危機管理課では、職員が雨雲レーダーや気象情報が表示されたモニターの確認を続けた。警報発令を受けて第2警戒体制に移行し、土木港湾、道路河川建設課など関係課の職員を本庁に集めた。
下関地方気象台は、県内は25日にかけて大雨になるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するように呼び掛けた。
対馬海峡から日本海に延びる秋雨前線に向かい、南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっている。24日未明から、日本海側を中心に雷を伴った猛烈な雨をもたらした。
25日になると前線がゆっくり南下するため、明け方から朝にかけて、再び雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。
雨量の予想は、多い所で、1時間に24日が80㍉、25日が70㍉。25日午前6時までの24時間に250㍉。
気象台は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合、建物内に移動するなど、安全確保に努めるように呼び掛けている。

カテゴリー:その他の話題2013年8月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ