竜王山でウバユリ咲き始める

咲き始めたウバユリの花(竜王山で、嶋田さん撮影)

本格的な夏の訪れから、連日、真夏日が続く中、山陽小野田市の竜王山のもみじ谷では、ウバユリが咲き始めた。赤崎小近くからの登山道、もみじ谷コースを歩くと、薄い緑色がかかった、涼しげな白い花を楽しむことができる。

ウバユリはやぶや林の中に生えるユリ科の多年草。7~8月に高さ1㍍ほどの花茎を出し、花を付ける。花が盛りの頃には根元の葉が枯れてなくなることから、歯のない姥(うば)に例えて、名付けられたという。
県自然観察指導員の嶋田紀和さんは「もみじ谷の大群生は数千個体にも及ぶと思われる。15日には一~二分咲きだったので、21日前後が見頃になりそう」と話している。

カテゴリー:その他の話題2013年7月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ