産業観光バスツアー始まる

大型トレーラーの整備場を見学する参加者たち(宇部市西沖で)

宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会(大林哲夫会長)の2013年度産業観光バスツアーが、6日から始まった。初日は毎年人気の「セメントの道」コースがあり、参加した22人が、美祢市の宇部興産伊佐セメント工場の見学、宇部興産専用道路走行などを通じて、石灰石からセメントができるまでの工程や地域の産業への理解を深めた。

ツアーは、広域的な産業観光を推進し、地域振興を図ろうと同協議会が08年度から実施。今年度は6月から12月までの18コース35回で、新たな訪問先を採用したコースも企画した。
初日は、地元の宇部市、山陽小野田市はもちろん、東京、新潟、三重、香川など県内外からの参加があった。美祢市の秋吉台エコ・ミュージアムや、伊佐セメント工場で広大な石灰岩採掘現場などを見学後、同専用道路を通って宇部へ入り、石灰石、石炭を運ぶ大型トレーラーの整備場、宇部興産グループ総合案内施設「UBE i Plaza(ユービーイー・アイ・プラザ)」を訪問。整備場では、トレーラーの運転席の試乗を体験したり、記念写真を撮影したりして、旅の思い出をつくっていた。ツアーの問い合わせは同協議会事務局の宇部観光コンベンション協会(電話34―2050)へ。

カテゴリー:その他の話題2013年6月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single