市介護家族の会が個別相談を開始

個人相談について説明する折井会長(市シルバーふれあいセンターで)

宇部市介護家族の会(折井汲子会長、30人)は今年度から、市シルバーふれあいセンターで毎月実施している無料介護相談に加え、各地域での個別相談を始める。執行部のメンバーは昨年度、福祉制度や認知症、施設、ケアプランなどについて学習。会員有志を加えて10人が相談員となり、身近な経験者として介護の疑問や心配事に耳を傾け、共に解決策を考える。27日に同センターで開いた総会で決めた。

センターでの相談は10年前から開始した。親身な対応に定評があったが、足を運びづらい人もおり、近年は相談件数が減っていた。折井会長は「介護にお困りの方 まず話してみませんか!」と書かれたチラシを手に、個人相談について説明。自治会の掲示板や自宅前に張り出して周知し、「各自が介護経験を糧に持てる力を発揮してほしい。困難事例は行政とも連携を」と伝えた。毎月第3月曜日に開設しているセンターでの相談時間は、午前10時から午後3時までだったのを、正午までに短縮する。
総会で来賓の床本恵子健康推進課長は「2001年の発足以来、地道な活動を続けられてこられた。介護1年生にとって、経験者の生の声は一番の力になる。豊富な経験を生かして、ますますご活躍を」とあいさつした。
今年度は10月28日に調理実習、12月9日に阿知須在宅介護者家族の会との交流会を予定している。総会後には市高齢者総合支援課の職員が、業務内容などを説明した。
同会や介護相談についての問い合わせは、市保健センター内の事務局(電話31-1777)まで。
今年度の役員は次の通り。(敬称略)
▽会長=折井汲子(二俣瀬)▽顧問=田中久男(恩田)▽副会長=久保朱美(小羽山)濱田和子(西宇部)▽会計=西村桂子(恩田)▽監査=濱田勝美(西岐波)山本ヤエ(恩田)

カテゴリー:その他の話題2013年5月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ