宗隣寺で初観音

健康や家内安全を祈願する参拝者たち(18日午前10時すぎ、宗隣寺で)

宗隣寺(山中原浩住職)の初観音は18日、宇部市小串台の同寺であり、早朝から多くの善男善女が訪れて無病息災や家内安全を祈願した。

尺八献奏に続いて、大般若祈祷(きとう)があった。参拝者は経典をめくる風を受け、肩や背中をたたいてもらい、心身を清めた。受験用にと大願成就の縁起物の福だるまをまとめて買い求める市民も。お札も人気を集めた。役目を果たした古札などは卒塔婆と共に、おたき上げの浄火で供養された。
同寺婦人会(内山要子会長)の約50人が裏方に回り前日から準備、約400食分のぜんざいを用意し振る舞った。参拝を済ませた人たちはおいしそうに味わい、冷えた体を温めた。

カテゴリー:その他の話題2013年1月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single