堀さん「維新の英傑―福原芳山の生涯」出版

100周年記念出版の「維新の英傑」

宇部日報社は創刊100周年記念事業として「維新の英傑―福原芳山の生涯」(A5判、152㌻)を出版した。最後の宇部領主で、炭都・宇部の発展の礎を築いた芳山の初の評伝で、足跡を分かりやすく紹介している。

本紙で「福原芳山とその時代」を連載中の郷土史家で作家の堀雅昭さんが、綿密な再取材や資料発掘を基に、ダイジェスト版に仕立てた。
来年3月24日に記念会館で上演される市民参加音楽劇「維新の英傑―福原越後、芳山ものがたり」の原作本ともなっている。
冊子は「福原越後の死まで」「イギリスにて」「日本に戻る」など5章で構成。幕末維新期の英国留学や、帰国後の西洋流石炭会社の立ち上げ、共同義会や達聰会へとつながった芳山の思想はもちろん、芳山亡き後に遺志を継いだ家臣たちの苦悩や奮闘にも触れている。略年譜付き。
定価は税込みで1365円。1000部を発行。幸太郎本舗TSUTAYA宇部店と宇部中央店、宮脇書店宇部店、京屋書店、宇部日報社本社で扱っている。問い合わせは本社総務局(電話31-4343)へ。

カテゴリー:その他の話題2012年12月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ