ときわミュージアム、ブーゲンビリア満開

美しい花を咲かせたブーゲンビリア(熱帯植物室で)

宇部市のときわミュージアム本館熱帯植物室で、ブーゲンビリアが満開を迎えた。高さ約4㍍の棚からは、花を付けた長い枝がぶら下がり、訪れた人たちが紫色の滝のような光景を楽しんでいる。

原産地は、中央アメリカや南アメリカの熱帯雨林。名前は18世紀に木を見つけたフランス人探検家に由来する。色づいた花びらに見える部分は葉で、実際の花は中央の白い部分。
同館の谷口浩明管理課長補佐は「寒さが厳しくなったので〝常春〟の温室で花を楽しんでほしい」と話した。花は来年2月ごろまで楽しめる。

カテゴリー:その他の話題2012年12月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single