かわいい!スナメリ 阿知須井関河口に

 

スナメリを見学する人たち(山口市阿知須で)

 山口市阿知須の中心を流れる井関川の河口に数日前からスナメリが姿を現し、住民たちの人気者になっている。

スナメリが泳いでいるのは海から約1・5㌔上流の住宅街付近。灰色の体は体長約1・5㍍。約200㍍の範囲をぐるぐると泳ぎ、数十秒に1回水面に浮上して呼吸をしている。川岸にはたくさんの人が見学に訪れてカメラを向けていた。
住民らによると、5日朝には泳いでいたといい、複数頭を目撃した人もいる。過去に河口付近で群れを見掛けることはあったが、川を上ったのは初めてという。
砂郷の津田昴介君(6)は「近くで見られてうれしい。潮を吹くのがかっこいい。かわいい顔をしていた」と大喜び。母親の久美子さん(35)はビデオと写真を撮影。「記念になった。大事にします」と話した。
下関市の水族館「海響館」によると、スナメリは瀬戸内海沿岸などに生息し、川を上ることもある。約1週間とどまった例もあったという。県や市と協議して、弱っている様子が確認されなければ、保護はしない。「温かく見守ってあげてほしい」としている。

カテゴリー:その他の話題2012年11月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single