台風16号 17日午前、県内最接近

大型で猛烈な台風16号は15日午前、沖縄の南を北北西に進んだ。進路がやや北寄りになり、県内への最接近は17日午前9時ごろが見込まれ、風速15㍍以上の強風域に入るとみられている。秋の大潮で潮位が高い時期のため、宇部市防災危機管理課は高潮に警戒を強めている。市内の公立中学校は、生徒の安全確保のため17日の部活動を全て中止にした。

気象庁が「大型で猛烈」と表記しているのは、中心気圧が900ヘクトパスカルまで下がり、半径約500㌔という広い範囲が強風域に入っているためで、日本気象協会によるとここまで発達する台風は少ないという。
15日午前9時の勢力は、中心気圧が905ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は55㍍で、最大瞬間風速は75㍍。風速25㍍以上の暴風域は全域220㌔、強風域は東側560㌔、西側500㌔。
夕方にはやや勢力が弱まるが、依然としてこの時期の台風にしては勢力が強く、今後は対馬海峡の秋雨前線に南から湿った空気が流れ込むため、天候が不安定になり雨が増える。
17日の宇部港の満潮時刻は午前9時25分と午後9時40分。同課は高潮に備えた情報収集を続けている。

カテゴリー:その他の話題2012年9月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single