産業観光バスツアー、新コースで山陽オート見学

普段は立ち入れない走行路内側からレースを観戦する参加者(山陽オートで) 宇部・美祢・山陽小野田観光推進協議会が企画する産業観光バスツアーに今年から加わった新コース「山陽オートバックヤードツアーと山陽地区を学ぶ」の初回ツアーが19日にあり、参加者22人が、山陽地区の史跡を巡って歴史を学び、山陽オートで迫力あるレースを観戦した。

このコースのテーマは「山陽の今昔」。三年寝太郎の民話で知られる「寝太郎さん」をまつる寝太郎荒神社、厚狭毛利家の菩提(ぼだい)寺の洞玄寺を巡り、厚狭地区の歴史を学んだ。
最大の目玉である山陽オートバックヤードツアーでは、普段は立ち入ることができない走行路に足を踏み入れ、走行路の内側からレースを観戦し、オートレースのスピード感と迫力を間近で体感。さらにVIPルームに移動し、車券の種類や買い方を習った後、実際に車券を購入してレースを楽しんだ。
宇部市から参加したという女性は「山陽地区は身近すぎて歴史的に知らないことも多くあり、勉強になった。オートレース場は女性だけではあまり来ないところだけど、迫力あるレースを見てすごく興奮した。参加して良かった」と話した。
このツアーは9月25日にも予定されており、19日現在でまだ空きがあるという。問い合わせは宇部市交通局(電話31─2442)まで。

カテゴリー:その他の話題2012年7月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single