小さな親切運動小野田支部、実行章伝達とクリーン作戦表彰

クリーン大作戦の協力で表彰される受賞者(市商工センターで) 小さな親切運動小野田支部の第29回総会は22日、市商工センターで約100人が出席してあった。エコキャップ(ペットボトルのふた)の収集やお年寄りへ慰問はがきを送り続けている高千帆中など2団体1個人に小さな親切運動実行章が伝達された。

越智淳前支部長が「東日本大震災から1年以上が経過するが、いまだに苦しい生活を強いられている人は多い。後ろ向きになりがちだが、小さな親切運動を通して社会に心の豊かさを追求していこう」とあいさつした。
来賓の河口軍紀市社会福祉協議会理事、田中幸夫小さな親切運動県本部事務局長が祝辞を述べた。
前年度の収支、事業報告と新年度の予算案、事業計画案を審議、決定。会員増強、心の国際交流推進など親切運動の輪を広げることを決めた。6月3日には「美しい日本、美しい心」をスローガンに市スポーツセンター周辺、きららビーチ焼野で2012年日本列島クリーン大作戦を行う。
役員改選では新しい支部長に三雲義也西部石油山口製油所長を選出した。任期は2年。三雲さんは「一人一人の気遣いを重ね小さな親切運動の輪を広げたい」と抱負を話した。
総会後は、県国際協力機構(JICA)デスクで青年海外協力隊OBの高森靖さんが「なんか、なんか、スリランカ~日本の当たり前、スリランカの当たり前」のテーマで講演した。
実行章とクリーン大作戦表彰の受賞団体・個人は次の通り。(敬称略)
◇実行章▽小野田ロータリークラブ=会員や会員事業所を挙げてエコキャップ収集運動やクリーン作戦に協力▽中務敏文(小野田校区児童安全対策協議会)=同協議会(通称・安全ニコニコ隊)を立ち上げ、有志160人で小野田小学校区で児童の登下校を見守る▽高千帆中=長年にわたりお年寄りへの慰問はがき活動、エコキャップ収集、市内の清掃活動に取り組む
◇クリーン大作戦表彰=西部石油山口製油所、共英製鋼山口事業所、六十番自治会、市連合女性会、西ノ浜東区子ども会、小野田赤十字病院、宇部フィルム、日産第一自治会、戸田工業小野田事業所

カテゴリー:その他の話題2012年4月23日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ