新型インフルが県内でも流行期に

県は27日、感染症発生動向調査でインフルエンザの定点当たり報告数が、流行の目安となる1を超えて1・06となり流行シーズンに突入したと見られと、発表した。

県によると、71医療機関の定点当たり報告数は、33週(8月10-16日)は36人で0・51と1を割っていたが、34週は75人とほぼ倍増、報告数も1・06と上昇。流行期の目安とされる「1」を超えたことから、インフルエンザの流行期に入ったとした。
県では手洗いやうがいの励行、症状が出た人はマスクの着用や外出の自粛などを呼び掛けている。

カテゴリー:その他の話題2009年8月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single