日赤に読者の皆様の義援金 第2次分寄託、1億1110万2295円

二井知事に義援金を手渡す脇社長(30日午前10時半、県庁で) 宇部日報社は30日、読者の皆様から寄せられた東日本大震災の義援金のうち、22日から29日までに受け付けた945件、1億1110万2295円を、第2次分として日本赤十字社県支部(支部長・二井関成県知事)に寄託しました。

当社の脇和也社長が県庁を訪れ、二井知事に手渡しました。義援金は日赤本社に集約され、被災された方々に届けられます。
14日の受付窓口開設以来の義援金総額は1704件、1億7169万1531円に達しました。皆様の温かいご支援は、引き続き寄せられております。今後も、被災者の速やかな支援に向け、送り届けさせていただきます。

カテゴリー:その他の話題2011年3月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single