むすびの会が8人に制服寄贈

贈呈記念に集まった会員(昭和町の会長宅で) ボランティアむすびの会(池田広枝会長、70人)は13日、今春に宇部市内の中学校に進学する児童8人に制服を贈った。今年が46年目で、これまでに2000着以上が子供たちの新生活に役立っている。

経済的に恵まれない家庭の子供を支援しようと毎年、バレンタインデーに合わせて贈っている。
昔は繕い直しだった服も、今は会員から集めた会費やバザー、フリーマーケットの収益金などを資金に充てて新品を贈っている。
子供たちに配慮し、学生服専門店で採寸して受け取ってもらう。
池田会長は「子供には優しさを持った大人に育ってほしい。お礼の手紙が届くと、こちらの心も温まる」と話した。

カテゴリー:その他の話題2011年2月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single