山口宇部空港で航空機事故想定した訓練

20090904b.jpg 航空機事故を想定した消防救難訓練が3日、山口宇部空港で行われた。

乗員乗客220人を乗せた航空機が着陸後に滑走路をはずれ、左エンジン部分から出火炎上、死傷者30人がでた、という想定。事故機に見立てた大型バスから、レスキュー隊が負傷者を運び出し、医師が負傷程度で緊急度を判別、程度別にテントに収容後、応急処置した。
火災発生の想定現場では実際に放水する消火活動訓練も。空港消防救難隊や宇部市消防本部、市医師会など関係機関46団体、220人が参加した。

カテゴリー:その他の話題2009年9月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single