ソルジェンティが来年1月メジャーデビュー

山陽小野田市埴生出身の兄弟デュオ「SORGENTI(ソルジェンティ)」が、来年一月十九日にマキシシングル「ソルジェンティ」をEMIミュージックジャパンからリリースし、メジャーデビューを果たす。二十一日、山口市の県庁内にある県政記者クラブで行われた会見では「やっとスタートラインに立てた。自分たちの音楽を日本中に広げていきたい」と、口をそろえて抱負を語った。

ソルジェンティは兄のMitsuhiroさん(27)=本名・木坂光弘=と弟のHirosiさん(22)=同・木坂寛=のデュオ。埴生小、埴生中と進み、光弘さんは小野田工高、寛さんは厚狭高を経て、音楽の道を目指した。
二〇〇三年に長崎スターライトクリスマスオーディションをそれぞれが受け「二人で歌ってみたら」という審査員の勧めで、即興でハーモニーを披露し、見事、最優秀賞を受賞。これをきっかけに、本格的に音楽の道を志した。
当初は「木坂兄弟」の名で活動していたが、〇七年四月、ソルジェンティに。〇九年九月、東京お台場で開かれた第二回新人アーティスト発掘オーディション「DAIBA MUSIC FACTORY2009」でグランプリを受賞。今年四月からは東京に拠点を移し、関東一円で演奏活動を続けている。
兄が作曲、弟が作詞を担当。〝スイーツ系J─POP〟を掲げ「前向きに生きる、幸せに生きる」をメーンテーマに、甘いスイーツ同様、朝、昼、晩食べても飽きない、万人に受け入れられる音楽を目指している。ソルジェンティはイタリア語で「わき出る泉」の意味で、たくさんの音楽を生み出し、人々の心に届けたいという思いが込められている。
光弘さんは「田舎(地方)出身なのでメジャーでの活躍は無理という声をばねに頑張ってきた。デビューを契機に、さらに夢に向かって頑張り、その姿勢を歌に込めたい」、寛さんは「上京した際には自分たちの音楽が通じるか不安だったが、音楽は全国共通を再認識した。山口を代表するアーティストを目指したい」と抱負を語った。
マキシシングル「ソルジェンティ」(五曲入り)は千六百円で販売。ユーザー同士がネットを使って交流するソーシャルアプリケーションを活用するなど新しい販売戦略も試みる。
CDリリースに合わせ、来年一月二十二日午後五時半から宇部市の記念会館でメジャーデビューライブを開催。翌二十三日に同所で開かれる県内の新進アーティストのイベント「やまぐちミュージック360°」でも歌う。
また、メジャーデビュー前にも地元で、お祝い夢花火(二十三日、埴生漁港)、山陽小野田市民まつり(二十四日、市役所)、宇部まつり(十一月七日、宇部市役所裏駐車場)の各イベントに出演し、ミニライブを行う。

カテゴリー:その他の話題2010年10月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single