常盤薬品がAED5台寄付、山口国体実行委員会に

贈呈後に記念撮影する二井知事、枝広会長、岡部取締役(左から、県庁で) 宇部市厚南妻崎開作の常盤薬品(枝広弘巳社長)は14日、おいでませ!山口国体・山口大会の県実行委員会に、AED(自動体外式除細動器)5台(市価計200万円相当)を寄付した。

同社は昨年も5台のAEDを贈っており、大会のオフィシャルサプライヤーになっている。
贈呈式は県庁であり、枝広圭介会長と岡部寛取締役が県庁を訪れ、実行委員会会長の二井関成知事に手渡した。枝広会長は「決算ごとに取り組んでいる地域貢献活動の一環。安心・安全な大会運営に役立ててほしい」と話した。AEDはリハーサル大会や本大会で活用される。

カテゴリー:その他の話題2010年9月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single