「みちびき」打ち上げ成功、山口県各地でも観察

宮崎慶一郎さんが(宇部天文同好会)秋吉台で撮影したH-ⅡAの打ち上げ 11日午後8時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた準天頂衛星「みちびき」を搭載したH-ⅡAロケットが、宇部市内や秋吉台からも観測された。

みちびきはアメリカのGPS(測位)衛星を補完する準天頂衛星システムの初号機として打ち上げられた。ロケットは正常に飛行し、打ち上げ28分27秒後にみちびきを分離した。
宇部天文同好会の伊藤隆夫さんは、東岐波の日の山山頂からロケットの光跡を写真に収めた。「打ち上げ直後は九州の山に邪魔され見えなかったが、打ち上げ1分後から1分半にわたり、上がっていく様子が観察できた」と話した。
一方、秋吉台で観測した宇部天文同好会や宇部天文クラブのメンバーは、長者ケ森駐車場東側の展望台から見入った。=写真提供:宮崎慶一郎さん(宇部天文同好会)=
(By the Ubenippo Web Staff)

20100913a.jpg

カテゴリー:その他の話題2010年9月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single