院内感染問題で監視体制強める

yamadaifuzokubyouinn.jpg多剤耐性菌アシネトバクターなどによる院内感染が問題となる中、宇部健康福祉センター管内(宇部、山陽小野田、美祢市)でも、有床の医療機関が監視体制を強めている。年間5,000件超の手術を行い、736床を持つ山口大医学部付属病院は、抗生物質の多用による耐性菌の出現を抑えるため、医師が強い抗菌薬を処方した際、届け出るシステムを10月をめどに導入するなど情報管理を一元化する。

同病院では2006年に感染制御室を設置。専従の医師1人、看護師1人のほか兼務の看護師2人を配置。また検査部や薬剤部などと連携し12人体制の感染対策チームを組織している。1999年に作成したマニュアルを随時、改定している。
対策の基本は手洗いの徹底。入院患者に接触する前後に手をアルコール消毒する。血液や尿、便を扱う時は使い捨ての手袋やガウン、マスクを着用。内視鏡やカテーテルなど医療の高度化で体内に入る器具が増えていることから器具の滅菌の徹底にも努めている。多剤耐性菌が見つかった場合、患者を隔離し拡大を防ぐ。
情報の共有も重視。感染が確認された際、院内の危機管理組織を通じて迅速に対策を講ずるとしている。
多忙で治療を優先しがちな医療現場では、感染対策が後回しになりがち。特に抗菌薬を長期間、多用すると耐性菌が出現しやすい。抗MRSA薬など特定の薬剤を医師が処方した場合、病院に届け出るシステムを10月をめどに導入する。使用理由や量、期間を院内全体で把握し、適切な使用を徹底する。
感染制御室の小坂まり子副室長は「見舞客もマスクをしたり、入室の前後で手をアルコール消毒したり、発熱などの症状がある時は見舞いを控えたりするように」と話す。
一方、宇部健康福祉センターは7日、国の要請を受け、管内の57有床医療機関に院内感染防止を徹底するよう通知。多剤耐性菌による院内感染が疑われる場合、速やかに報告するよう呼び掛けた。現時点では同菌の院内感染は報告されていないという。

カテゴリー:その他の話題2010年9月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single