就労支援「里山救助隊」スタート

草取りに取り組む参加者(川上の里山で) 若者の就労を支援するうべ若者サポートステーションは、十日から県との連携事業「地域連携里山救助隊」をスタートさせた。

ニートや引きこもりの人を対象とした職業的自立支援事業。就労意識やコミュニケーション能力を向上させるきっかけとして、川上の里山を拠点に竹炭作り、環境整備、野菜の収穫などの農作業を体験する。来週からは毎週火・水曜日が基本の活動日となる。
初回の参加者は、同ステーションの基金訓練生を合わせ、二十─四十歳代の十二人。分担をして竹炭用の竹の切断、花畑の除草、昼食のカレーライス作りに取り組んだ。笑顔で会話する場面もよく見られ、額に汗をにじませながら、自分のペースで作業していた。
近隣の農園や工場で、就労に近い形で研修する「ふれあい農業塾」も、タイミングを見てスタートさせる。
両事業とも、同ステーションへの登録が必要。問い合わせ、申し込みは電話36─6666へ。

カテゴリー:その他の話題2010年6月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single