秋篠宮さま、小野の体験施設視察 子供と同じ目線で対話

秋篠宮さまは二十七日、宇部市小野の体験交流施設・アクトビレッジおのを視察され、施設内を巡りながら、地元関係者や体験学習の小学生たちと交流された。

同施設を訪れた秋篠宮さまは、出迎えの久保田后子市長、兼広三朗市議会副議長、西山一夫副市長らの案内で施設内を歩かれた。体験工房では、小羽山小の三年生七十六人が茶もみや木工細工に熱中している様子を見学。作業する子供たちの輪に入り、同じ目線で対話しながら交流を深められた。
お言葉を掛けられた男の子は「上手に描けているね、何歳ですかと聞かれた」などと話した。ハーブ園で説明したハーブコーディネーターの浅田信枝さん、佐々木智子さんは「とてもお詳しかった」と話した。
施設から離れる際には、カヌー体験をしていた小野小と、体験学習の小羽山小の子供たちが見送った。秋篠宮さまは、その列にも近づいて笑顔で子供たちと接していた。
西岐波から参加した母子には「何歳ですか」と尋ねられたという。
秋篠宮さまは、同施設のほか、山口市の中原中也記念館を視察された後、総裁を務める日本動物園水族館協会の総会・協議会に出席された。

カテゴリー:その他の話題2010年5月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single