MACが第4弾CD制作へ

音楽を通じたボランティア活動を展開しているミュージック・エイド・クラブ(MAC、藤原利昭会長)は、第4弾のオムニバスCD「山口ラブストーリー」の制作を決めた。前3作までの「ふるさとソングス」とは趣向を変え、県内の各地域や名所での「愛」をテーマに企画。前作までと同様、県民から歌詞を募集している。

古里の良さを再発見しようと、第1、2弾は宇部、第3弾は県内に広げ、募集した歌詞にメンバーが曲を付けて「ふるさとソングス」を作ってきた。売上金は在宅障害児者と家族を支える会などに寄付している。

今回は県内の観光名所や地域を題材に、男女間の恋愛だけでなく、家族愛、親子愛などさまざまな愛の形をテーマにした歌詞を募集。採用するのは12-15曲で、作曲や編曲ができるミュージシャンも募集している。

締め切りは3月31日。前3作のCDから選んだ数曲に合わせて県内の観光地を撮影したDVDを合わせた2枚組で、今秋に発売予定。CDジャケットは山口市在住のデザイナー、中野寿子さんが手掛けている。

応募は郵送のみで、歌詞、タイトル、氏名、住所、年齢、連絡先を明記し、〒755-0077宇部市山門5-6-35 ライフページ・フジデン内のミュージック・エイド・クラブ事務局へ。

藤原会長は「若者の参加を増やそうと、愛をテーマにすることを決めた。今年は活動を始めてから5周年の節目。仲間と共にこれまでの作品に負けない、いい曲を作りたい」と、多くの応募を期待している。

MACは自分たちが音楽を楽しみ、その結果が社会貢献につながればと2005年3月に結成し、市内を中心としたアマチュアバンドや地元のプロミュージシャン、協力企業で構成。昨年4月にはNPO法人の認可を受けた。

問い合わせはMAC事務局(電話35-8320)へ

カテゴリー:その他の話題2010年1月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single