休日診療所、連休2日間で750人超す患者

20091124f.jpg 新型インフルエンザの感染が広がり22、23日の2日間、宇部市の休日・夜間救急診療所には750人を超す患者が詰めかけた。

市保健センターによると22日が354人、23日が402人で大半が新型インフルエンザの患者。マスク姿の親子が待合い室のベンチに座り切れず、階段に座ったり、車の中で待機したりした。
感染の中心が子供であることから、11月から小児科医を2人に増員。看護師も通常は四人だが、22日は5人、23日は6人に増員した。それでも診療までに1時間以上待つ患者もいた。

カテゴリー:その他の話題2009年11月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single