宇部市を含め、新型インフル集団発生38件に

8月24日から30日にかけて、宇部市の中学校とスポーツ少年団を含め、県内で新たに6つの新型インフルエンザ集団発生が確認された。下関市の発生分を合わせ、県内での集団発生は38例になった。新学期の開始と共に拡大が警戒されている。

県は31日、宇部市では川上中の文化部員4人と川上小のスポーツ少年団団員2人がインフルエンザの症状を呈した。
いずれも25日、1人に遺伝子検出(PCR)検査を実施したところ新型陽性だった。夏期休業中だったため学校の臨時休業措置などは要請していない。
市教育委員会は28日付で各小・中学校に対し、うがいや手洗いの励行など、感染予防に対する注意を改めて促している。

カテゴリー:季節,その他の話題2009年9月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single