利き酒チャンピオン目指し35人挑む

20090820a.jpg

第59回中国五県利き酒競技会が19日、山口市湯田温泉のホテル松政であり、各県から選ばれた35人が出場した。

競技は同じちょこに注がれた県産の純米酒15点を使用。選手が香りや味が良いと思う順番に順位を付ける。休憩をはさんで再び、並び方を変えた酒で順位をつけ、1回目と比較するマッチング法で採点。それぞれ順位の差を失点とした。参加者は真剣な顔で利き酒に臨んでいた。
競技終了後は、夏期酒造ゼミナールが開かれ、法政大大学院政策創造研究科の坂本光司教授らの講演などがあった。

カテゴリー:その他の話題2009年8月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single