大雨災害義援金、26件、73万円余を寄託

20090825c.jpg

宇部日報社は25日、弊社「県大雨災害義援金」窓口に寄せられた25件、72万7524円を県共同募金会宇部支会に届けました。また指定寄付の1件、1万480円も日赤に寄託しました。

贈呈式は福祉会館で行われ、脇和也社長が「多くの市民や事業所に協力をいただきました」と名簿を添えて、藤田昭一支会長に義援金を託しました。
当社は、7月21日を中心とした大雨により県内で被災された方々を支援するため、30日から義援金の受け付けを始めました。24日までに26件、73万8004円が寄せられました。
浄財は同支会を通じて「県7・21大雨災害義援金」に送られます。善意をお寄せていただいた皆様に、心からお礼申し上げます。
当社では今後とも「愛のポスト」を通じて、郷土の皆様の心温まる愛情を配達していきます。変わらぬご協力を、よろしくお願い致します。

カテゴリー:その他の話題2009年8月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single