14日宇部市の常盤公園遊園地にトラ3頭がやって来る

常盤公園の遊園地に14日、秋吉台自然動物公園(秋吉台サファリランド)のトラ3頭がやって来る。今年1月に結んだ連携協定記念と、とら年にちなんで公開され、「常盤公園春のキャンペーン」(13日―4月25日)を華々しく彩る。

常盤公園でトラが公開されるのは初めて。来園するのは、生後9カ月のベンガルトラで、体長は1m前後。それぞれ「ミク」「ツキ」「なのは」と名付けられている。サファリランド側がおりを製作し、同日正午から午後3時までの間、カッタ君ステージ前で公開する。
この日は「ふれあい動物デー」(午前10時半─午後3時半)。無料休憩所前では、ウサギ6匹、モルモット15匹、ヒヨコ40匹とのふれあい体験も予定されている。
連携協定は、宇部市の立ち会いで、常盤公園遊園地の管理会社サノヤス・ヒシノ明昌とサファリランドの運営会社、田中金属が結んだ。両施設で乗り物回数券(1000円分)を購入すると、もう一方の乗り物無料券2枚がもらえる。期間は9月30日までの半年間。

カテゴリー:その他の話題2010年3月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single