新川市まつり公開結婚式に山本さん夫妻

新川市まつり(5月3~5日)の最終日のメーンイベントとして行われる「うべ狐の嫁入り行列」で、公開結婚式を挙げるカップルが決まった。花嫁は山本真里奈さん(25)=明治町=、花婿は山本健二さん(25)=同=。2人は「毎年見ていて憧れていた。縁あって参加できてうれしい」「伝統ある嫁入り行事。しっかり責任を果たしたい」と喜びを語った。
中津瀬神社で17日に行われた同実行委員会の初会合で、事務局が発表した。同行列は、花嫁が女官などのお供を引き連れて同神社を出発し、まつり会場を巡行。花婿との出会いの儀を経て神社に戻り、式を挙げるというもの。
中心市街地のにぎわい創出に向けて、宇部新天町協同組合、常盤通振興会、中津瀬神社が実行委員会をつくり、2003年から始め、05年から同まつりのメーンとして実施。今年で通算12回目となる。今回の公開挙式には2組の応募があった。
主役の2人は宇部フロンティア大短大部時代に知り合い、6年の交際を実らせて1月1日に入籍した。真里奈さんは保育士、健二さんはダイサンプロパンに勤務している。会社に報告した際、嫁入りカップルへの応募を勧められた。
初会合には、委員らが参加し、幸せいっぱいのカップルと打ち合わせた。実施概要や今後のスケジュールも確認。宮崎毅委員長は「皆さんの力添えをいただき、いいまつりにしたい」と語った。女官などの公募に関する問い合わせは宇部商工会議所(電話31-0251)へ。

カテゴリー:その他の話題2014年2月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single